斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

お葬式豆知識

ご遺族の執り行なう儀式②『死に化粧』『死に装束』

■2020/08/25 ご遺族の執り行なう儀式②『死に化粧』『死に装束』

お通夜の前までに、ご遺族が執り行なう儀式として、仏式での儀式をお話していますが、

『お清め』での『湯灌の儀』の後に行なわれるのは、『死に化粧』です。

『死に化粧』・・・ご遺体のお清めが終われば、死に化粧をして顔を整えます。

ご遺体の目が開いていれば、まぶたを静かになでるように閉じさせます。

口が開いていれば、下あごを持ち上げるようにして包帯や手ぬぐいなどで頭にかけて縛り、

しばらく支えるようにして閉じます。

その後、男性ならば髭をそり、女性ならば薄く化粧をします。

死に化粧は死者に対して最後にしてあげられることでもあるので、できるだけ親族の手で行なうのが良いと思います。

ただ、地方によっては剃刀を当てる事を忌み嫌うところもあるようなので、風習に従うようにしてください。

『死に装束』・・・ご遺体を安置する前に、死に装束に着替えさせます。

昔のしきたりでは、死後の冥土への旅立ちという事なのでしょう、

白い経かたびを着せ、ずだ袋に六文銭を入れ、

わらじ・白足袋・手甲・きゃはんと数珠をつけさせましたが、

今では布製の白い経かたびらを納棺のときにご遺体の上にかけて、

手甲やきゃはんを添えるという略式の死に装束が一般的です。

浄土真宗や日蓮宗では、死後は冥土への旅立ちではないという考えから死に装束は着せません。

また、神式では白い小袖に白足袋です。

キリスト式では特に決まった死に装束はありませんので、生前にこのんだ衣装を着せると良いと思います。

最近では、死に装束として白いドレスや着物を選ぶ事も多いようです。

いずれの場合でも着物であれば必ず左前に着せます。

なぜ左前にするかというと、葬儀に関することで通常の逆に行なう『逆さごと』と呼ばれる習慣からのようです。

死者の世界はこの世と逆であるという考えから、

こちらの昼はあの世では夜といったように考えられていたようです。

そのため葬儀もかつては夜に行なわれていたと言います。

他の『逆さごと』の風習には、水にお湯を注いでぬるくするという「逆さ水」があります。

これは『湯灌の儀』のときなどに行ないます。

「逆さ屏風」「逆さ布団」「逆さ着物」等もあります。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
東京葬儀式
https://tokyosougishiki.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都北区堀船1-15-10
TEL:0120-88-5943
至急・お急ぎの方【24時間365日】お待ちしております
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。