斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-432-401

お葬式の基礎知識

ご葬儀やお通夜を含めどうしても駆けつけられない場合(2016.3.20)
ご葬儀やお通夜を含めどうしても駆けつけられない場合

訃報が届いたけれども、ご葬儀やお通夜を含めどうしても駆けつけられない場合には、代理人をお願いするか、ご葬儀の前日までに弔電を打ち、後日弔問をします。
遠方で伺うことができない場合には、お悔やみの言葉を添えたお香典を送ります。

故人とそこまで親しくない場合には、玄関先でお悔やみをお伝えするくらいにとどめます。
仕事などの関係の方の場合には会社の指示に従うようにしましょう。

遺族の方にお伝えする言葉は、親しい間柄であれば感傷的になるかとも思いますが、あまり長くなることや感情的になることは避けて、ありきたりな言葉を選ぶほうがよいとされています。
「お元気な頃にお世話になりました」など、直接的に死を連想させる言葉を使わないようにも気をつけます。



mail
0120-432-401
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。