斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-432-401

お葬式の基礎知識

訃報を受けたとき(2016.3.10)
訃報を受けたとき

訃報を受けたときには、故人との関係によって対応が異なります。
親族や親しい友人の場合はすぐに弔問(お悔やみを伝えること)へ駆けつけます。

その際には、まず玄関先で遺族の方にお悔やみの言葉を述べて丁寧におじぎをします。
そして近くの方ならば何か手伝えることがあるかどうかを聞いて、あるようならばお手伝いをすることが礼儀となっています。
例えば親しい間柄ならば、他の知人友人への連絡などを任せていただくのがよいでしょう。

訃報を受け駆けつける際には、深夜の場合は遠慮したほうがいいです。また、駆けつけられないならば電話をかけようと考えるでしょうが、遺族の方はご葬儀が終わるまでは慌しくなるので遠慮しましょう。
また弔問に駆けつけた際に長居すること、故人への面会を自分からお願いすることも遠慮しましょう。



mail
0120-432-401
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。