斎場に特化しているから安く行える葬儀・お葬式

0120-88-5943

お葬式の基礎知識13

お葬式での服装について1(2016.1.26)
お葬式での服装について1

お葬式での服装と言っても、お通夜とお葬儀、また亡くなられた方との関係によっても服装は違ってきます。

まずは仮通夜の場合です。

仮通夜は本通夜の前に親族のみ、もしくは親しいものが駆けつけて行うものなので、地味な服装であれば黒に限らないものとされています。

この時は改まった格好をせず平服で行くものと考えてください。 平服というと「普段着」に近いイメージになってしまうかもしれませんが、この場合はスーツやジャケットなどのカジュアルすぎない格好のことです。

派手な色やラフな格好、皮、派手なアクセサリーはやめておいたほうがよいでしょう。

また、きちんと喪服を着ていってしまうと、「突然の不幸を予期していた」ようになってしまい、不自然とされています。



mail
0120-88-5943
1級葬祭ディレクターが一貫してお客様のご要望に添えるよう、ご担当致します。